うつ病を考えてみよう

うつ病は心の病気と思われていましたが、実は脳が関係している事もわかってきています。

うつ病になる原因

うつ病に関するはっきりとしたメカニズムは完全に解明されていません。

ただ今まで心の病と言われていましたが、今は脳の神経伝達物質が大きく関係している事も明らかになっています。

うつ病の原因に関しても、遺伝的要因、仕事面での悩みや人間関係の悩みが大きなストレス、となるなど、原因も複雑です。

会社での仕事や人間関係がストレスの原因となっている場合、会社を辞めれば問題も解決できるのですが、実際はそう簡単ではありません。

どの職場でもそうですが、いろいろなタイプの人がいますので、全ての人とうまくやっていくのは難しい事です。

責任感が強い人程うつ病になりやすいと言われていますが、必ずしもそうとは限りません。

うつ病の場合は、怪我や他の病気と違って自覚症状がほとんどありません。

うつ病の初期症状に、ストレスからくるカラダの不調に意識していない人が多いです。http://www.1776band.com/←を参考にし、ストレスを軽視しないようにしましょう。

ストレスが原因で起こる頭痛や腹痛という症状があっても、それがうつ病とは結びつけにくいので身体的特徴では見分けがつきません。

ストレスの原因も人により違いますが、ストレスを感じると脳から分泌されるセロトニンという物質が減ってしまいます。

セロトニンは別名を幸せホルモンとも言いますが、セロトニンが不足すると気持ちが落ち込んだり、理由もないのに悲しくなり泣いてしまったりする事もあります。

脳をコントロールする事は難しいため、体と心のバランスがうまく保てなくなり、その結果うつ病となってしまうと言われています。

うつ病は病院で治療もできますが、簡単には治らないため長期間治療に専念しなければいけません。